HAL

hardware review of home theater and self-made devices

Archive for 5 月, 2010

Master Clock Generator Shoot-Out

ルビジウム10MHz発振機3台と水晶発振のマスタクロックジェネレーター2台でスクランブル視聴を行ってみました。

Continue Reading...

Antelope Isochrone 10M

業務用の10MHz出力仕様のルビジウム発振機アンテロープ10Mをシアターシステムに組み込んでみました。その特徴と使用感を書いてみます。

Continue Reading...

Antelope Isochrone TRINITY

アンテロープはデジタル機器、特にマスタークロックのラインアップが充実しているメーカーです。Antelope Isochrone Trinityを使ってみたのでその印象をまとめてみます。

Continue Reading...

Nvidia 3D Vision by GTX480 and Acer GD245HQ (3D-HTPC part1)

GeForce GTX480とAcer GD245HQを使ってNVIDIA 3D VISIONを試してみました。奥行き感のある良好な3D映像が楽しめます。Part1では基本設定とデモ映像のパフォーマンスを掲載しています。

Continue Reading...

UDT2010: part3 (Lynx AES16e-SRC)

自作機UDT2010の最終回です。Lynx AES16e-SRCの設定とPCオーディオとしてのパフォーマンスを中心に記載しています。10MHzルビジウムマスタークロックの効果も加わり、Lynxの美点が最大限に発揮されています。

Continue Reading...

UDT2010: part2 (セットアップとベンチマーク)

前回に続き、自作ケースUDT2010に搭載したmini-ITX Intel DH57JGの仕様や設定などの特徴、ベンチマークなど基本性能を掲載しています。

Continue Reading...

UDT2010: part1 (1Uラックマウント型PCケースの自作)

1UラックマウントタイプのPCケースを自作してみました。高音質なデジタルメディア再生に重点を置いたユニバーサルデジタルトランスポートです。AESとHDMIデジタル出力が可能で、特殊パーツを多用した小型機です。

Continue Reading...

 Page 1 of 1  1