HAL

hardware review of home theater and self-made devices

TotalMedia Theater 3 PlatinumでのBlu-ray 3D再生

   

TotalMedia Theater for Blu-ray 3D
with NVIDIA 3D VISION and ASUS XONAR HDAV1.3 Deluxe
(3D-HTPC part5)

   
         
    Summary    
         
    Hardware setting and its performance of Blu-ray 3D movie with FullHD 3D and HD Audio via TotalMedia Theater was described below. In this HTPC, alternative two sets of reproduction system for blu-ray 3D with FullHD 3D and HD audio are installed, TMT-XONAR and PDVD-Auzen. 3D perfomance of TMT is excellent. The is 5th article concerning 3D- HTPC of serial cultivations    
    tmt0141    
         
    Related articles    
   

#1 Nvidia 3D Vision by GTX480 and Acer GD245HQ. Summary of hardware setting of 3D-HTPC (3D-HTPC part1)
#2 2D Blu-ray lossless pass-through with Nvidia Geforce GTX480and Auzentech X-Fi HomeTheater HD by PowerDVD 10(3D-HTPC part2)
#3 Picture and Sound quality of TrueTheater™3D in PowerDVD 10with Nvidia GTX480 and Auzentech X-Fi HomeTheater HD (3D-HTPC part3)
#4 High Quality reproduction of blu-ray 3D on 3D-HTPCwith NVIDIA 3D VISION and PowerDVD (3D-HTPC part4)
#5 TotalMedia Theater for Blu-ray 3D with NVIDIA 3D VISION and ASUS XONAR HDAV1.3 Deluxe (3D-HTPC part5)
#6 WinDVD Pro 2010 for blu-ray 3D (3D-HTPC part6)
## AV system summary of Monolith Theater (in English)

   
         

TotalMedia Theater 3 Platinum (+ 3D Plug in)でblu-ray 3Dを再生し、PowerDVD10MarkIIとの比較を行ってみました。Full HD 3DをHD audioで再生するためには、ソフトウエアとハードウエアの組み合わせが重要です。3D-HTPCシリーズの5作目です。

Nvidia 3D Vision by GTX480 and Acer GD245HQ (3D-HTPC part1)
Geforce GTX480とAuzentech X-Fi HomeTheater HDを使ったblu-ray lossless pass-through(3D-HTPC part2)
TrueTheater 3D (PowerDVD 10) の音声と立体映像(3D-HTPC part3)
自作PCでのブルーレイ3Dディスクの再生(3D-HTPC part4) (2010.08.20更新)
TotalMedia Theater 3 PlatinumでのBlu-ray 3D再生  (3D-HTPC part5)
WinDVD Pro 2010でのBlu-ray 3D再生 (3D-HTPC part6)  (2010.08.20公開)

         
   

INDEX                                                             

1.はじめに
2.AVシステム
3.PC環境
4.NVIDIA コントロールパネルとシステムの設定
5.ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxeのインストールと設定
6.TotalMedia Theater 3 Platinum (+ 3D Plug in)インストール
7.TotalMedia Theaterの設定
8.ブルーレイ3D再生品質
9.最後に

   

1.はじめに

前回まではPowerDVD10 MarkIIを使ったブルーレイ3D再生例を紹介してきました。今回はTotalMedia Theater 3 Platinum(以下TMT) での場合です。TMTでは別途3Dプラグインを購入する必要がありますが、非常に安定した3D再生が可能です。またDTS-HD MAなどのHD audioを出力する場合は、ASUS Xonar HDAV 1.3が必要です。Sim3Dによる2D-3D変換も可能ですが、今回はbulu-ray 3Dを中心に記載しています。

 

2.AVシステム

tmt0086figure3  

case1がTMTとASUS Xonar HDAV1.3の組み合わせ、case2がPowerDVDMk2とAuzenの組み合わせです。これらは同時にインストールしてもコンフリクトしません。VGAはGTX480でcase1,2共にDVI-HDMI変換コードでサウンドカードに入力、音声を乗せた後にHDMIでAVアンプに接続しています。Acer GD245HQにはGTX480からのDVI dual link接続です。この他の組み合わせ、例えばTMTとAuzen, PDVDとASUSではHD audioがpass through出力できません。またオンボードのサウンドデバイスを使うと120Hzモニターがblackoutし動作しません。Integra DHC-80.1にHDMI接続したEIZOのモニターでデュアルモニター環境で拡張デスクトップを構成してもAcerの立体視には支障ありません。再生ソフトウエアとサウンドカードの組み合わせ及びそれらの出力可能な信号形式については、いずれ別稿で詳述してみます。

 

3.PC環境

 asus3d001

ASUS Xonar HDAV1.3とAuzen X-F- HomeTheater HDと両方同時にインストール、TMTとPDVDもインストールした状態ですがcase1, case2共に問題なく3D動作します。Radeonの場合はそれ自体がHD audio pass through 可能なためかAuzenとコンフリクトしますが、NVIDIAは両者とも動作します。自作ケースにインストールしています。

 

  ハードウエア仕様一覧
  OS
Windows 7 Ultimate x64
  MB
ASUS MAXIMUM3 EXTREME (P55)
  CPU
Corei7 870
  IDE/SSD
Intel SSDSA2M0G2GC 80GBx2 (ICH10R RAID0)
  Memory
memory: UMAX DDR3-1333(PC3-10600)2GBx4
  PSU
Super Flower SF-1000R14HE (!!)
  Blu-ray Drive
Pioneer BDR-S05J (firmware 1.08)
  Sound Card
ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxe(rev.1.02)
 
Auzentech X-Fi HomeTheater HD(firmup)
  CPU cooler
Prolima Tech Magahalems RevB
  3D 関連
  monitor   ACER GD245HQ
  sub monitor(2D)   EIZO FlexScan HD2441W
  Glass Emitter   NVIDIA 3D Vision Glasses Kit
  VGA   ELSA Gladiac GTX480 (ASUS ENGTX285)

tmt018

 

4.NVIDIA コントロールパネルとシステムの設定

 
VGAと3DVISION ドライバは258.96, 260シリーズの最新版をインストールしています。
ちなみにPowerDVD MkIIは1830です。

3D VISIONのインストールや設定などは以前紹介したものと同じです。
Nvidia 3D Vision by GTX480 and Acer GD245HQ (3D-HTPC part1) の 6. NVIDIA 3D VISION Glasses Kit

対応するVGAの種類やなどはNVIDIAのサイトに記載されています。NVIDIA 3D VISION system requirements また使用中のPCが3D対応しているかどうか自動診断を受けられます。automatic analyzer for 3D

tmt007

サウンドとビデオのコントローラーにはASUS, AuzenとGTX480のサウンドデバイスが列挙されています。GTX480は単独ではHD audioをパススルーできませんが、core audio, AC3はパススルー可能です。

tmt060tmt061tmt062

ステレオスコピックの3Dの設定ではディスプレイをAcerにしてテストアプリを起動して3D動作を確認します。PhysXはGTX480にAcerの解像度はネイティブにしています。

tmt063tmt064tmt065

AVアンプの設定もネイティブ1080i30Hzに。AVアンプに繋いだsub monitorの設定で、推奨1080p60Hzの設定も可能です。Acerのスケーリングはソースがネイティブより低い場合の設定です。Dual monitorの構成でも3D再生は可能です。 

tmt066tmt067

カラー、エッジ強調やノイズの設定はTMTを使っていますが、ベンチマークディスク等で調整する場合、NVIDIA側の調整も行えます。デインターレースは逆テレシネを使用にチェック。

 

5.ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxeのインストールと設定

asusxonar

tmt003
最新版のドライバーをインストールしています。上のrarファイルがダウンロード出来るので、Lhaplusなどで解凍します。

tmt004
解凍後のフォルダの中身は上記のようで、setupを起動してインストールします。

tmt005
コントロールパネルで出力をHDMIに変更します。その他は扱わなくても動作します。左のHDMIアイコンをクリック。

tmt006
各種ドライバーのバージョンを確認できます。

tmt00841

サウンドのプロパティーです。ASUSの他にAuzenとNVIDIAの出力デバイスが表示されています。ASUSでHDaudioをパススルー出力する場合はS/PDIF pass-through Deviceを選択します。HDMIなのにS/PDIFとは奇妙ですが、これはバグです。この件は「ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxe (Win7 x64) ロングランレポート」の2. ASUS Xonar HDAV1.3 Deluxeのアップデートとインストール に記載しています。

tmt009

そのプロパティーをみても、エンコード形式の中にHDaudio等の表示はありません。Auzenもそうですが、独自のAPIを使っているのでCore i5 の時のようなWindowsの表示にはなりません。

 

6.TotalMedia Theater 3 Platinum (+ 3D Plug in)インストール

今回は手持ちのTotalMedia Theater 3 Platinum に3D Plug in($19.99 USD)をインストールしています。3D付きのTMTを購入することもできます。ここでは以前に購入したTMTに185アップデートファイルを充て、更に3Dプラグインファイルをインストールしています。全て上書きです。

tmt002

tmt001
version 185 

tmt0085

NVIDIAやATIなどのVGAや様々な3D再生方式に対応しています。Blu-ray 3Dの場合はNVIDAのVGA、NVIDIA 3D VISION glass kitが必要なのはPowerDVDと同様です。

 

7.TotalMedia Theaterの設定

tmt012
起動すると上部に3Dと2Dの選択ボタンが現れます。

tmt050tmt051

音声設定ではサウンドカードの選択で、Auzen, GTX480, オンボード, ASUSの選択肢が出てきます。TMTの場合はASUSを選択します。出力モードではHDMIを選択。

tmt010tmt011

3D ステレオ設定で「、Blu-ray 3Dムービーを常に3Dモードで再生にチェックを入れるとブルーレイ3Dは3Dモードで始まります。DVDの場合はSim3Dで2D-3D変換することになります。表示環境ではディスプレイを選択できます。ここではNVIDIA 3D VISION 対応ディスプレイを選択します。

 

8.ブルーレイ3D再生品質

前回PowerDVDの稿と同様に、輸入盤Blu-ray 3D “Cloudy with a chance of Meatballs” (US版)を再生してみました。

tmt053

前述したハードウエアとソフトウエアの設定をしていれば、ディスク挿入からこのメニュー画面までノンストップで再生されます。この時点でIRエミッターの緑のLEDの輝度は上がりメガネと既に交信中です。(Acerの上端中央に装着したエミッタの緑のLED)ここでPLAY MOVIE IN 3Dを選択すると、クレジットやオープニングから3Dで始まります。

tmt052

本編が始まるとInterga DHC-80.1の表示はDTS-HD MSTRとなり,HD audioのパススルー信号をアンプがデコードしている様子が確認できます。

tmt017

全編非常にスムーズな再生で全く問題ありません。上の図はサブモニターHD2441Wでリアルタイム表示しているタスクマネージャーのパフォーマンスタブです。CPU使用率は本編開始時に若干変動があるものの、概ね5%前後で推移します。TMTはHyper-Threadingに対応していないようですが、4コア分は常に動作しています。市販機と同等の非常に安定した再生です。

このPCではTMT-ASUSとPDVD-Auzenのシステムを切り替えて3D再生が可能です。そこで両システムを比較してみました。TMT-ASUSのblu-ray 3Dの再生品質はとても高く、PDVD-Auzenと比べて音質も画質も上回っている印象です。音質はしなやかで聴きやすく、画質も発色が上品で、コントラストもよく、3D効果も自然です。3Dの画質の評価に関しては、基準となるスケールがなく、また個人によって見え方が異なるようなので難しい判断になりますが、私の印象としてはPDVDよりも立体感があります。TMT-ASUSではソフトウエアの設定が簡単なのも嬉しい点です。

 

9.最後に

 TotalMedia Theaterはダウンロードでしか購入できませんが、DVDや2Dブルーレイの時代から、その再生品質の評価が高いソフトウエアです。またその対となるASUS Xonar HDAV1.3も優秀なサウンドカードです。今回行った両者を組み合わせた3D再生もその特徴を受け継いでいます。加えて操作性がよくまた動作も安定しています。この組み合わせでは、まだ一度もモニターのブラックアウトを経験していません。

ソフトウエアとしてはWinDVDも当然3D対応してくるものと思われます。またRadeonの3D (Open stereo3D) も既にアナウンスされており、FullHD、HDaudio対応のバーションに期待が膨らみます。RadeonではNVIDIAとは違い単独で既にHD audioパススルーに対応しているので、最終的にはサウンドカードのいらない3Dになる可能性もあります。Intel Clarkdale は120Hz出力ができないので、現在のところ3Dには対応していません。

 

AMDの動向は不透明ですがSIGGRAPH 2010では偏光方式のFullHD(WUXGA)のPLANAR SD2620W 26″ Widescreen Stereo/3D Monitorをデモしていたようです。プロ用でNVIDIAも対応済。

amd02

amd01

Passive (偏光)ながらFull HDを実現するというPLANARのシステム

第二世代DX11 GPU Islandが登場するとの情報もあります。Displayport1.2やHDMI1.4をサポートし、UVDは3に進化blu-ray 3Dのサポートも強化。2010年末にCaicos(5400後継), Turks(5600), 2011年初頭にBarts(5700), Cayman(5800), Antilles(5970)だとか。 Radeon6000シリーズが10月にも (2010.08.22追記)

AMD,次世代GPUを従来製品の拡張に留め,2012年以降,2種類の新型GPUアーキテクチャを展開へ (4gamer 本間氏)
ATI’s next generation GPUs to come in October (fudzilla)
後藤弘茂のWeekly海外ニュース- ワンチップで2.7TFLOPSをたたき出すAMDのCypressの秘密  (PCwatch)


この記事は2010-08-22に更新しています。初稿に加えた重要な変更箇所は赤で記載。

Leave a Reply