HAL

hardware review of home theater and self-made devices

Victor DLA-HD950

Victor DLA-HD950を視聴してみました。過去HD100, HD750と使ってきましたが、950は750をリファインしたマイナーチェンジのようです。

1.HD750からHD950への変更点
2.外観および入出力端子
3.調整画面
4.画質の印象
5.最後に
6.視聴環境AVsystem summary

dla-hd950_001

1.HD750からHD950への変更点

外観、光量(900ルーメン)、画素数、コントラスト(50000:1)など基本性能に大きな変化はありません。今回はレンズの改良と、倍速駆動(120Hz)が追加され、調整ソフトウエアも改良されているようです。

 2.外観および入出力端子

塗装は光沢のあるブラックで高級感があります。すぐにはHD750と区別がつきませんが、本体上面にJVC,THXのロゴが入っています。上面に電源、入力やメニューのボタンがありモニターランプもついています。HDMI2系統とDsub、コンポーネント、s端子が側面についています。リモコンはシルバーで、HD750ではトグル式で使いにくかった入力切替ボタンが個別選択式となりHD100方式が復活しています。より握りやすい形状です。

dla-hd950_002dla-hd950_003dla-hd950_004dla-hd950_005dla-hd950_006dla-hd950_007

 3.調整画面

いくつか新たな機能が追加されています。倍速駆動のモードがClear Motion Driveとして新たに登場。 画質モードはフィルム映画向けのシネマ1やTHXモードも健在ですが、アニメ向けの倍速設定を設定したシネマ3が加わっています。ガンマもグラフィカルに把握できる画面です。その他スクリーン補正の項目があり、オフ,A,B,Cの3通りの設定が可能です。

Clear Motion Drive (以下CMD):

オフ、弱、強の順に倍速設定の強度を変更可能。目視では動きの補完で、強に設定すると動きが非常に滑らかになります。24pの映画ばかり見ているので、通常の映画では違和感があります。アニメなどでは威力を発揮しそうです。また解像感が落ちるという弊害もよく押さえられていていい出来です。HTPCで設定していたWinDVDのTrimensionDNMと似ています。フイルムソースでは使いそうもありません。

主な画質モード:

シネマ1:5800K CMDオフ     ガンマB      :自然な映像。漆黒環境に最適。
シネマ2:6500K  CMDオフ       ガンマA
シネマ3:7500K CMD弱          ガンマC      :明るくメリハリの利いた映像。
THX: 6500K     CMDオフ       ガンマノーマル  :1に比べるとやや明るい映像。ほの暗い環境に最適。

以上がHD950の画質モードですが、ソフトの内容、部屋の暗さやスクリーン、ディスプレイの違いで最適なモードを選べます。2や3は当シアターでは難しいモードです。

スクリーン補正:

オフ、A,B,C,スクリーンに合わせて画質を変える事が出来ます。対応表はVictorのホームページに記載されています。カラーバーなどで変えてみてもA以外の変化ははっきり判りませんでした。HD130なのでオフの設定で視聴してます。これもその効果を即実感できるものではありません。

画質調整画面

dla-hd950_008dla-hd950_009dla-hd950_010dla-hd950_012dla-hd950_013dla-hd950_014

入力信号

dla-hd950_015dla-hd950_016dla-hd950_017

設置

dla-hd950_018dla-hd950_019dla-hd950_020dla-hd950_021dla-hd950_0181dla-hd950_0182dla-hd950_0183dla-hd950_0184

表示設定、機能、情報画面

dla-hd950_022dla-hd950_023dla-hd950_024dla-hd950_025

 4.画質の印象

スクリーンはスチュアートHD130サウンドスクリーン200インチ(16:9)を使用しています。HD950は750に比べコントラストが良く明暗の諧調がよりよく出るような印象です。フォーカスも一段と立っています。彩度や色の濃さはHD750との違いは感じ取れません。動画の性能も変わりありません。CMDはソースによっては非常に効果的に効きます。

下の写真は動画テストパターンと映像作品の投射映像をデジカメで撮影したものです。ブルーレイベンチマークで評価しています。映画のタイトルでは「イノセンス」(JAN:4959241710505)と「ターミネーター・サラコナークロニクルズ、セカンドシーズン」(JAN:4988135714268)の一場面です。両者とも画質がよく、特に「サラコナー」は今まで観た200タイトル余りのブルーレイの中でも傑出しています。

「イノセンスでは球体の中の構造物のフォーカスと立体感が秀逸で、内部構造に目が行ってしまいます。「サラコナー」は人物の肌が精細に描写され、現実に至近距離で接しているような戦慄的な映像です。HD750ではここまでのパフォーマンスは感じません。

dla-hd950_026dla-hd950_027

dla-hd950_028dla-hd950_029dla-hd950_030

5.最後に

コントラストと精細感が増しているというのが第一印象です。遠近感や立体感もよくなっています。付加的な新機能は効果はあると思われますが、映画の視聴に必須のものではないように思われます。私のようなマニアが見ると明らかな違いがわかりモノとしての進歩を感じますが、そうでない人にとってはHD750との違いはありません。オーディオで言えば、電源やケーブルをチューニングし、制振対策を施し、キリリと美しくなったシステムにニンマリする感覚です。試しに家族にそれと知らせずに映画を数本見ましたが、全く違いを感知できませんでした。

6.視聴環境

システムブロックダイアグラム

Leave a Reply