HAL

hardware review of home theater and self-made devices

サウンドスクリーン

Stewartの200インチサウンドスクリーン

Stewartのスクリーンは業務用スクリーンの定番です。多くの劇場はこのスクリーンを使っています。特に大きな音声透過型のサウンドスクリーンで継ぎ目の無いものの製作は容易ではなく、メーカーが限られます。フロントプロジェクターを使い始めた頃は4:3でシャープの80インチ、間もなくキクチの100,120とステップアップし、150インチから16:9のStewartサウンドスクリーンを使い始めました。現在は200インチ1.78:1を使用しています。交換したスクリーンは知人宅で活躍しているはずです。

1. 発注と納品
2. 設置
3. スクリーン全景
4. スクリーン細部
5. モアレ
6. 性能
7. 最後に 

 

1. 発注と納品

    ORDER SHEET

# Studiotek 130 G3:200inch (1.78:1), 4.7x2.7m
# Microperf X2 THX-Ultra
# AT2 Series frame, Masked,
# Screen housing to be hung via 3 Eye bolts(left,center.right)

特殊なスクリーンなので受注生産になります。米国で製造され納品まで数ヶ月を要します。大きいスクリーンを設置する場合は発注時から専門業者を入れたほうが無難です。まず家に入るかどうかから始まり搬入経路の検討します。納品時は傷つけないよう注意深く開梱し慎重に組み立てます。200インチの場合は4人がかりでした。現場には集中力を切らさないよう緊張感がはりつめます。


2. 設置

ここが最大の山場です。設置方法は前もって十分な検討が必要です。特に重量があるので固定方法が重要です。可動スクリーンにする場合は建具の設計と駆動機器の選定、回路設計がポイントです。経験豊富な設置業者と専門回路屋さんに頼みましたが、パッケージで任せられる大手が無難かもしれません。おおがかりになる場合は建築設備あるいは商業施設に実績のある専門業者がベストです。

またサウンドスクリーンはスピーカーやオーディオ機器と近接するので、それらとの取り合いも十分に練る必要があります。日曜大工の経験があったので、スクリーン設置以外は自分で工作しましたが、そうでなければ全て業者に依頼するのが安全です。(シアタールームの設計記事へのリンク


3. スクリーン全景

stewart_frontview1stewart_frontview3stewart_frontview2stewart_frontview5stewart_frontview4stewart_lb1

クリックするとスライドショーが開きます。(マウスを右に置くと進む、左は戻る)

スクリーンはフレームに張り込むタイプで電動で昇降します。スピーカーは吸音材を多用して全面バッフル仕様に自作しています(JBL 3632-Tの記事へのリンク)。サウンドスクリーンとバッフル面あるいは後壁との間での音の反射で伝送特性がかなり変化します。低域が顕著です。この音響調整がとても大切です。よく言われるサウンドスクリーンを通過することによる高域の減弱は、高域ドライバの為のホーンEQをかけてしまえば問題にならないくらい小さいものです。
スクリーン裏のアンプラック製作の記事へのリンク)  (オーディオシステムの概要へのリンク

stewart_c6

上が200インチ、下が以前使用していた150インチStewartサウンドスクリーンです。縮尺を大まか合わせています。200と150では大きさがだいぶ違います。150インチは10年余り使用しましたが、特に決定的な劣化はありませんでした。ただ汚れが目立ちます。スクリーンの生地が静電気を帯び汚れを吸着するようで、空気清浄機を置いていたほうが長持ちします。タバコは避けたほうが無難です。

このスクリーンは偏光3D用シルバースクリーンとして再生しています。(2011-10-26)
http://monolith-theater.net/hal/?p=13847

topへ

4. スクリーン細部

stewart_c1

小さな穴が無数にあるスクリーンで音を通します。1メートル以上離れると穴は見えなくなります。フレーム上部には発注時に指示したアイボルトがついています。それにワイアーをかけ3点で吊り下げています。ワイアーは滑車で一箇所にまとめられ昇降用モーターに繋がっています。

stewart_c3

フレームはAT2シリーズです。枠組みは組み立て式のパイプで、前面には表面が起毛した黒の樹脂製マスクが付いています。全く光を反射しません。スクリーン下にはスピーカー用のサランネットを付けてウーファーが見えないようにしています。デジタルLED時計が透けて見えています。

stewart_c5

生地の張り込みは弾力性のあるロープで締めてゆきます。スクリーンを裏から見ると縦に2本梁が入っています。

stewart_c2

昇降装置はオリジナルの設計です。回路も専門業者に依頼しています。上限と下限のメモリーができて、任意の位置で止めることができます。モーターの設置台は鉄工所で製作しています。躯体に直止めです。

stewart_upper_view1

目視できるシンプルな構造なので安全面でも信頼できます。足場を組んで年1回の保守点検を行います。


5. モアレ(Moiré)

サウンドスクリーン導入に当たって検討すべき点はモアレの発生の確認です。ここでいうモアレとはスクリーンの穴とプロジェクターの画素が干渉して現れる縞模様をいいます。特に固定画素は注意が必要です。これは事前に決定的な事がいえないので、実際にプロジェクターを使用してみるしかありません。150インチではMITSUBISHI DLP D-2010では認めませんでしたがVictor DLA-HD100で発生、しかし投射距離を変えズームを変化させると軽減したりします。200インチとDLA-HD100, HD750ではモアレの発生はありません。

topへ

6. 性能

stewart_c7

業務用なのでデーターはそろっています。外部機関の評価も受けているようです。発色はよく、輝度も自然で音響透過性も問題なく安心して使えます。何より劇場と同じものなので完全遮光の環境では敢えて議論することもありません。ホームユースでも差し支えありません。

 

A StudioTek 130 G3     
  StudioTek 130 G3 is a flexible front projection screen surface that is over 30% brighter than matte-white material. The G3’s ultra-fine optical coating improves uniformity for consistent brightness across the entire screen. Developed under the direction of Joe Kane, StudioTek 130 G3 is the reference standard projection material within the AV industry.
       
  Features:-      
  *Over 30% brighter than matte-white material 
  *Industry’s standard reference screen  
  *Re-formulated optical coating allows for enhanced focusing capabilities
  *Superb color and white field uniformity
  *Endorsed by Joe Kane Productions (JKP)
  *Certified by the Imaging Science Foundation (ISF)
       
  Material Type   Flexible Front Projection
  Gain   1.3
  Half Gain   68 Degrees
  Viewing Cone   160 Degrees
  Minimum Throw Distance   1.3 x Image Width
  Ambient Reflectance Value   1%
  Ambient Light Resistance   Poor to Fair
  Edge Blending Properties   Fair
  Passive 3D Use   Poor
  Lay-Flat Quality   Excellent
  Flame Resistance   Flame Certificate
  Washable   Yes
  Perforations (optional)   Microperf X2
  Maximum Size:   Contact Factory
  Seamless   Yes
       
  Microperf X2 THX-Ultra    
  >Stewart Filmscreen introduced Microperforations with a primary goal of allowing audio emitted from speakers placed behind the screen to reach the viewer with a minute effect in audio or visual quality. With over 30,000 miniature holes per square foot of projection material, a Microperforated screen captivates audiences with a superb image and smooth flawless sound.
  >Microperf X² consists of a unique perforation pattern that Stewart has been using for more than a decade with only slight modifications.  Through extensive research and development, Stewart holds strong as industry leader providing a custom solution eliminating any so-called “Microperf Moiré”.
  >Microperf X² performs above & beyond in both visual and sound quality during AB comparisons to woven screens and other acoustically treated projection materials available in today’s A/V market. The vibrancy of an image shown on a woven screen suffers from cross reflection created by construction of the screen material itself.
  >Essential to meet only the highest standards within the A/V industry, Stewart’s strategically calculated perforation layout avoids compromising image or sound quality in any way. Microperf X² is the # 1 choice, providing the viewer up to 70% more brightness, higher resolution, superior color saturation, and excellent uniformity compared to all the others.
  >Essential to meet only the highest standards within the A/V industry, Stewart’s strategically calculated perforation layout avoids compromising image or sound quality in any way. Microperf X² is the # 1 choice, providing the viewer up to 70% more brightness, higher resolution, superior color saturation, and excellent uniformity compared to all the others.
       
  Why Microperf X² is the industry’s #1 choice for acoustically transparent material …
  *Available with any of Stewart’s front projection materials (excluding Silver 3D)
  *First projection material to be THX Ultra Certified
  *Impeccable image fidelity
  *Unbeatable audio quality (no secondary black backing is required)
  *Exceptional contrast, color saturation, and uniformity
  *Moiré pattern is eliminated
  *Significantly less light return/blow-through
  *Largest seamless acoustically transparent screen available (maximum material O.D. is 14-1/2 ft by 60 ft)

Stewartのwebsiteより引用

7. 最後に 

スクリーンはシアターの顔であると同時にパフォーマンスに大きく影響を与えるキーデバイスです。Stewartのサウンドスクリーンは入手できる最高のスクリーンの一つです。

topへ


この記事は2011-10-26に更新しています。初稿に加えた重要な変更箇所は赤で記載。

Leave a Reply