HAL

hardware review of home theater and self-made devices

CPUがTrueHD, DTS-HDのビットストリーム出力を可能に

最新情報:続編を掲載しています(2010.1.5)

続編:HTPC大本命、Clarkdaleのメタレビュー

更新情報: (2009.12.11追記)ASUS P7H57D-V EVO, Intel DH57JG→3. Clarkdaleプロトタイプマザーボードに追記

更新情報:(2009.12.12追記) 驚異のdual HD decoding with audio bitstreaming!! by Bimeo

GPUのPCIe2.0×16とチップセットのPCIe2.0×4が同時に使えるようです。こういう映像は見たこと無いですね。Dual decoding時のCPU利用率も圧巻です。マザーのHDMIとPCIeにセットしたVGAのHDMIが同時に使えるということでしょうか。発売まであと約一ヶ月です。

更新情報:(2009.12.17追記)

Gigabyte GA H57M USB3,→3. Clarkdaleプロトタイプマザーボードに追記
H55はGA H55 UD3H, GA H55M UD2H, GA-H55M SH2, ASUS P7H55-MPro

更新情報:(2009.12.18追記)

 Intel Releases Details of New Processors: Core i3, Core i5, Integrated Graphics by Extreme Tec
The new graphics capabilities can decode two HD streams in hardware. The accompanying “GMCH” chipset can also decode Dolby True HD and DTS-HD sounds, including support for the 7.1 surround sound found in Blu-ray discs.

更新情報:(2009.12.20追記)

Clarkdaleの予価が発表になっています。→hermitage akihabara 「どうなの?売れるの?」
●Core i3-530(2.93GHz,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約12,500
●Core i3-540(3.06GHz,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約14,500
●Core i5-650(3.20GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約19,000
●Core i5-660(3.33GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約21,000
●Core i5-661(3.33GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 900MHz,Clarkdale)約21,000
●Core i5-670(3.46GHz,Turbo Boost,Cache 4MB,GPU 733MHz,Clarkdale)約29,500
2010年1月8日早朝発売解禁だそうです。H57がそろえば是非とも試してみたいCPUです。
HTPC大本命です。

更新情報:(2009.12.24追記)

そろそろH57マザーの準備が始まっています。ASUS P7H57D-V EVOのfirst releaseのbiosやIntelのVGAドライバが掲載されています。
 Intel Corporation Graphics Driver V8.15.10.1995 for 32/64bit Windows Vista & Windows 7.
(WHQL)

更新情報:(2009.12.24追記)

Asus gets overexcited, starts selling H57 boards-Two weeks ahead of the official launch-
by Lars-Göran Nilsson 
form SemiAccurate 箱開封写真。i5がないと唯の箱。やや高価。

更新情報:(2009.12.24追記)

ASUS P7H57D-V EVO Motherboard Preview - H57 Chipset by Legit Reviews
Video:15-pin VGA port, DVI-D port and the HDMI port.fully HDCP compliant,ideal for Blu-Ray playback or for any other protected content.
USB 3.0 interface headers,8+2 Phase PWM power arrangement,DDR3 sockets plus the MemOK! function, two SATA III 6Gbps headers ,six internal SATA II 3.0Gbps

更新情報:(2009.12.26追記)

Intel Clarkdale processors as good as Lynnfield in overclocking and pricing information by OCW
 it overclocks as good as it’s lynnfield counterparts
A mid range 3.3GHz Clarkdale can easily be overclocked to 4.4GHz on AIR without much
voltage bump
GPUの内容が違うにもかかわらず、660と661のpricingが同じですが、661をoverclockすれば670は楽に越えそうです。

更新情報:(2010.1.4追記) 関連レビュー → 続編新規投稿 HTPC大本命、Clarkdaleのメタレビュー に転載

———————————————————————————————————————————–
2010年はHTPCにとって激動の年を迎えようとしているようです。インテルが開発中の次期CPU(開発コード Clarkdale)はCore i5/i3として2010年上四半期に発売予定ですが、GPU(Ironlake) 統合型でblu-rayの映像は勿論の事、HD音声もHDMIビットストリーム出力できるようです。実現すればビデオカードもサウンドカードも必要ありません。マザーに実装されたHDMIからAVアンプに繋ぐだけでblu-rayの再生がフルスペックで出来る事になります。更にCPU負荷も軽いとか。既報のRadeonも衝撃でしたが、PC業界恐るべし。HDMIで先行したblu-ray家電業界も追いつかれ、もはやWindows7搭載の普及価格帯のPCが強敵です。

1. ClarkdaleでのDolby TrueHDのHDMIビットストリーム検証写真(by AnandTech)
2. ClarkdaleのHD映像・音声仕様

3. Clarkdaleプロトタイプマザーボード

4. CPUロードマップ上のClarkdale

5. HTPC新時代の幕開け

海外参照サイト
AnandTech: Bitstreaming TrueHD/DTS-HD MA: Yep, Here too
AVS Forum: Core i7, i5 & i3 LGA1156 Processors Thread: Clarkdale Supports HD Audio Bitstreaming!
HKEPC hardware: 32nm + GPU Inside全港首試Intel Core i3處理器

国内参照サイト
海外でも引用される事の多い後藤弘茂氏のPCwatchの記事
PC online: 【IDF 2009】描画機能内蔵型CPU、Clarkdaleの詳細を解説
4Gamer.net: Intelのプラットフォームロードマップ大整理。いま選ぶならP55か,それとも……?
ITmedia+D: COMPUTEX TAIPEI 2009MSIの「H57-ED65」でClarkdaleを先取りした.

当サイト関連記事
Radeon HD 5870: HDMIビットストリームHD音声出力が可能なビデオカード登場

 

1. ClarkdaleでのDolby TrueHDのHDMIビットストリーム検証写真(by AnandTech)

9月24日、AnandTechのチーフエディタであるAnand Shimpi氏のレポートからの引用です。最初Intelのデモではビットストリーム出力できず、次の日にIntelからメールでfixしたとの連絡があったとか。以下はその時の写真のようです。

clarkdale_truehd_bitstream
(from AnandTech)

再生メディアは Arcsoft製、ClarkdaleからSony製アンプに繋いでいるとの事。確かにDolby TrueHD Pass Throughと表示されています。

clarkdale_dualstrem
(from AnandTech)

しかも2画面同時出力が可能とか。デジタル地上波をモニターしながらblu-rayを再生するのでしょうか?究極のマルチメディアPCです。ブルーレイ付きのハイビジョンテレビです。因みに2コア4スレッドで廻りCPU使用率は低いそうです。Intelは多くのアンプでテストを行い、またメジャーの再生ソフトウエアでフル機能を使えるようにするとの事。現行映像統合チップG45とは一味違うものになりそうです。

2. ClarkdaleのHD映像・音声仕様

clarkdale_g45_audiovideo
(from HKEPC)

ClarkdaleはHDCP dual, HD音声対応です。Color depthも12bitと再生専用市販機なみです。

3. Clarkdaleプロトタイプマザーボード

実際のマザーです。ConputexではMSI(H57-ED65)のデモが行われていたようです。HDMI, dispray port, VGAの端子があります。チップセットは新たに開発されたClarkdale対応のH57。

msi_h57m-ed65_matx_h57


ASUS P7H57D-V EVO, Intel DH57JG (2009.12.11追記) HDMIと映像端子群に注目

 

h57

 Gigabyte GA H57M USB3 (2009.12.17追記)

 ga-h57m-usb3

4. CPUロードマップ上のClarkdale

しかし、ロードマップ上はClarkdaleの寿命も2年以内です。次世代Sandy Bridgeからが本格的対応なのかもかもしれません。

clarkdale_graphics_roadmap
(from Intel Developer Forum)

 

5. HTPC新時代の幕開け

ここまでくるとHTPC  enthusiastとしては複雑な心境です。ビデオカードもサウンドカードも要らないHTPC。今度はマザーが何層か、プリント基盤のデザインは、シールドは?などに関心が向くでしょうか?

しかし、マザーが標準でAC3を持っていた時代でも敢えて音質のいいサウンドカードを追い、また非力ながら統合チップがあったにもかかわらずビデオカードを選んでいた状況を考えると、AC3の光や同軸がロスレスのHDMIに置き換わっただけの事なのかもしれません。今後も統合チップでは得られない機能と品質を備えたVGAやサウンドデバイスを選ぶとすれば、カードがロスレスに対応していなくてはなりません。その先駆がRadeon HD 5800シリーズASUS XONAR HDAV1.3Auzen X-Fi HomeTheater HDということになります。CPUとマザーがロスレスに完全対応したとしても、映像と音の品質さえ高ければこれらのデバイスの存在価値は十分にあります。

ともあれClarkdaleのコストパフォーマンスが高い事は間違いなく、モバイル型のArrandaleとともに多機能な組み込みPCパッケージも多く世に出る事でしょう。しばらくこの業界から目が離せません。


この記事は2010-01-05に更新しています。初稿に加えた重要な変更箇所は赤で記載。

Leave a Reply