HAL

hardware review of home theater and self-made devices

WIREWORLD SILVER STARLIGHT 5-2 (HDMI)

1.WIRE  WORLD SSH5-2の概要
2.比較方法
3.音声の違い
4.映像の比較
5.総評

1.WIREWORLD SSH5-2の概要

wireworld_101

WIREWORLDのHDMIケーブルを試してみるチャンスに恵まれました。最近発売になった高級ケーブルです。ワイアーワールドにはシリーズ5-2というフラットケーブルのラインアップがあります。平型の導体を採用、「ケーブルを曲げた時に引き起こされる、ケーブルを取り巻く伝導体の長さの違いによって引き起こされるタイミングエラーを排除し、極力インダクタンスロスや磁性引力エラーを押さえる」というコピーです。上の写真は今回試用した7メートルのHDMIケーブルです。下はケーブルに記載されている品番です。

supra_11

常用しているのはSUPRAの定評のあるHDMIケーブルです。三重シールド、銀メッキの高純度OFC線です。今回初めて他のメーカーの高級ケーブルと比較してみました。

2.比較方法

wireworld_112

 

長さもそろえておらず、厳密なABX比較は出来ませんが上図の方法で視聴しました。PIONEER LBP-LX91は音声と映像が別に出力できます。MAINからは音声をプリアンプに、SUBからは映像をプロジェクターに出力しています。WIREWORLDとSUPRAは音声と映像を別に比較しています。

3.音声の違い

PIONEER LBP-LX91で、ブルーレイマルチチャンネル(TrueHDとDTSマスターオーディオ)とCDステレオ音声を視聴。SUPRAとWIREWORLDを数回入れ替えて比較してみました。オーディオに明るい知人にブラインドでの比較をお願いしての視聴です。二人の印象は一致しているので違いはあると思います。

違いは判りますが非常に微妙です。敢えて強調するとすればSUPRAのほうがレンジが広く感じます。特に高域でそれを感じます。WIREWORLDは中高域が柔らかで上品です。

4.映像の比較

レファレンスソフト「イノセンス」のチャプター1から3を数回づつ視聴。これは違いがほとんど判りません。サチュレーション、ヒュー、コントラスト、ブライトネスに違いはなく、シーンによっては若干WIREWORLDの解像感が高い気もしますが断言できません。写真判定に持ち込んでも違いは判りませんでした。下の写真はその記録です(EOS 50D:Pモード)。見た目と色調やコントラストが違い、特に撮影条件が悪く白側が飛んでいますが、解像感の違いはほとんどありません。

wireworld_1wireworld_2wireworld_3wireworld_4wireworld_5wireworld_6wireworld_7wireworld_8

5.総評

価格差は数倍ありますが、違いは極わずかだと感じます。質的な僅かな差が価格に大幅に跳ね返るのはハイエンドの特徴の一つです。価格を考慮せずどちらか選べといわれたらWIREWORLDを選びますが、逆にSUPRAが良く出来ているとも言えそうです。

2 Comments

    THUSIMAさんこんにちは。

    そうでしたか。ワイアーワールド導入済ですね。私もSUPRAと比べる際に長さの違いが気になっていましたが…いわゆる高級HDMIケーブルが少ないのが現状なので注目せざるを得ない製品です。機会があったらSUPRAと交換してみるつもりです。いいものがあったらまた教えてください。

    私が参加したDENONの視聴会ではデノンリンク4thは未搭載で3rdでした。メーカーの方は4thは有償でのバージョンアップ予定だというので、皆さんブーイングでしたが^^;

    iscan50proは私もanamorphicレンズとのセットで試してみました。確かにこれは優秀なスケーラーですね。多分通常のコンシューマー向けのプロジェクター内蔵のV方向のストレッチでは太刀打ちできないと思います。3管時代のファロージャに似ています。EDGEはあまり気にかけていませんでしたが、HDMIセパレートが可能なら面白い使い方ができそうですね。

    ホームシアターは扱いどころがたくさんあって、いつまでも飽きないような気がします。私が最も興味を持っているのは建築と音響設計です。現在のシアターも数年かけて設計しましたが、次回はシミュレーションやオートメーションも取り入れて面白いものを作れたらと思います。話題作りが盛んな3Dはソフトとデバイス次第でしょうが、家でめがねをかける気になるのか疑問です。とりあえず,4k2kの動向を見守ります。

    また楽しい話を聞かせてください。HAL@monolith-theater.net

  • こんにちは、久しぶりにメール致します。
    自分のシステムでも現在のHDMIケーブルはWIRE WORLDのSILVER STARLIGHTを映像(3m)、音声同製品(1m)を使用しております。 以前はSUPRA(映像9m)と同(音声1m)を使用しておりました。 導入時により映像に集中する為音声無しで比較{(LX80時代)よりプロジェクター直結線比較}の時に友人より借りて比較した時は映像では素人でもわかる程差が出ました。可能な限り短くしたかったのでシステムの一部を移動した事により3mで可能になったので9mとの比較ではSUPRAが不利でしたが、SUPEAはコストパーフォーマンス的には優れていると
    思います。確かに少々解像度や階調等比較項目が良くなるだけで価格は高価になる傾向があります。
    しかし同じ製品でも線材のロッドなどにより多少は変化すると思います。
    これから試してみたい製品は映像音声でNORDOSTのSIRVER SCREENと音声でエイム電子のフラットタイプの製品です。エイム電子では高級機のHDMIのセパレート出しが常識化してきたので音声重視のHDMIケーブルを開発中とか、どこかで記事を見た様な気がします??

    話は変わりますがみなさんDENONのDVD-A1UDは期待しておられる様で各種視聴会等に参加されている様です。自分も最近行っては見ましたがその時はLX91との同時比較でした。
    HD750のプロトタイプ2台で120型に同時投射での比較です。A1UDは完成率80%でデノン
    リンク4thの使用は可能な状態で確かに同社プリと4thでリンクさせるとLX91は負けた感じがしました。SPをのぞきシステムがDENON統一になってしまうのでLX91には不利な環境での視聴ですからなんとも判断が付きにくいですが。A1UDはスケラーにデジタル専用リアルタ、今回よりプラスしたアナログ専用でアンカーベイを搭載しておりますが、リアルタを使用する今回のHDMIでの比較ではLX91とあまり差がなかったです。参加者みなさんもその様に言われていました。
    アンカーベイを使用するアナログ映像は今回は非公開でした。まだ あまあま の状態だそうです。
    アナログ最高解像度は1080iなので仕方無いかもしれませんが。やはり内部搭載スケラーでは外付けタイプのDVDOにはまだほど遠い感じがします。現在DVDOのiscanvp50proを輸入元よりDEMOさせて頂いておりますが、各項目を追い込んでいくと現在手持ちのLX80、91、3800BDに搭載のスケラーでは表現不可能な映像が得られます。HDMIで使用する場合は価格の安いEDGEも同時視聴したかったのですが都合で不可能でしたのでEDGEも気になります。 EDGEは垂直周波数Vfの設定は出来ませんので将来カーブドスクリーンとアナモーフィツクレンズでの投射を考えている方はiscan50proを購入するしかないでしょうが。LX91とA1UDの量産機が発売された時点で内部スケラーVS外付けタイプのEDGE等と比較してみてもおもしろいかもしれません。EDGEはHDMIがセパレートで出せるのでLX80等の方でもEDGEより音声専用でAVアンプに配線可能なのでこの組み合わせで映像面でLX91やA1UD単体使用より優れているかの比較とLX91、A1UD+EDGEの場合でどこまで差が出るのか追い込んでみたいです。EDGEとiscan50proのHDMIのみでの比較もしてみたいです。
    たた今のところEDGEの音声専用HDMIですが映像が黒出しでは無く青という事と720P固定
    になっているので映像1080p出しの時のバランスはどうなのか不明です。近々ファームの書き換えがあるかもしれません。
    50proは映像でTHXの認証を受けておりますが認証が無いEDGEとHDMI出しでどれだけ違うのか等気になります。映画の場合は製作者の意図した映像を見る等から見ればスケラーで画質、画角等を操作する事になるので意見が分かれるところですが、マイシアターで積極的に画質を追い込みたい場合はこのスケラーは有効と考えます。EDGEにはメモリーも持つiscan50proと違いメモリー機能が無いので映画が変わるたびに調整では疲れそうですが??
    追い込んで行くとホームシアターも難題だらけですね。これからどの様に既存システムUPをお考えですか?? そちらで企画されているA1UD発売後のLX91との比較視聴にDVDOを入れれば更に内容の濃い視聴会になりそうですが。

Leave a Reply